手荒れを感じたのが始まり

乾燥肌が一番気になったのは、手荒れがひどくなってきて皮膚科に通い始めた頃からです。

 

いわゆる主婦病とも言われるような手荒れで、水に手をさらしすぎることで起こる症状でした。

 

それからというもの、食器を洗うときは必ず手袋をしたり、手洗いをしたときはしっかりふくようにしたりと心がけましたが、なかなかよくなりませんでした。

 

皮膚科から処方されたお薬もステロイド系と保湿剤でしたが、これらはあくまでも一時的な処置法としか思われませんでした。

 

とにかく私の場合は、手の乾燥がひどく、この乾燥は一日でも放っておくとあっという間に痒みがひどくなり、乾燥が乾燥を呼び起こし悪化していくのです。

 

乾燥肌の範囲も何も処置しないままにするとすぐに広がりました。

ヴァセリン何度も保湿

そこで私がこの乾燥肌対策としてとった方法は保湿剤を一日も何度も使うことでした。

 

何度も使うことに抵抗がない保湿剤でないといけないため、また私自身がかなり敏感肌ということもあり、できるだけ添加物などあまり細々と成分が入っていないものを探していました。

 

そして最終的に長期に及んで使えそうだと思ったのが「ヴァセリン」でした。

 

これは昔から世間一般では使用されていた保湿法だと思いますが、このヴァセリンによる保湿は私の乾燥肌対策にはピッタリでした。

 

とにかく手を濡らした後だけでなく、乾燥を感じたときには常にこのヴァセリンを塗り保湿対策を心がけています。

 

もちろん外出時にも小型タイプのものを購入し、常にカバンの中に潜ませて塗るようにしています。

体全身に使えるのも魅力

このヴァセリンは手だけでなく、体のあらゆる所に使えるので、私の場合は首周りなどにも乾燥対策の一環として使っています。

 

この無着色・無香料・無防腐剤であるヴァセリンを使用してからというもの、私の肌の調子は以前よりはかなり回復した気がします。

 

たっぷり塗ってもあまり意味はないのはわかっていますが、乾燥を感じたらすぐに手の届くところにこのヴァセリンを置いているので、保湿が継続的に行なえ、非常に満足しています。

 

以前、尿素系のクリームを乾燥対策として使用したことがあるのですが、これは高かったにもかかわらず、私の皮膚には過剰に反応したということもあり、それ以来、尿素系の保湿は避けるようになりました。

 

私にはヴァセリンを長期的に使い続けるのが一番だと感じています。