顔のテカリから気付いた乾燥肌

乾燥肌が気になりだしたのは、大人になってからです。

 

子供の頃は、特に乾燥も気にならず、10代の頃は、お化粧をし始めましたが、若さのおかげなのか、この時期も特に乾燥は気にぬりませんでした。

 

20歳を越えて、しばらくしてから、まず顔のテカリが気になりだしてきました。

 

最初は、このテカリが脂性なのかと思い、悩んでいました。

 

しかし、このテカリこそ、乾燥肌だったのです。

 

肌には水分はとってま重要です。

 

水分がなくなることで、肌が乾燥します。

 

気が付かないうちに、乾燥がすすむと、水分を補うために、肌が内側から体の油分を分泌させます。

 

それにより、顔がテカるという現象につながるのです。

 

このことが分かったことをきっかけに、肌へ、水分と油分をきちんと浸透させることを意識しました。

肌に水分を与え、肌にフタをする

乾燥肌というものが気になりだしてからは、しっかりと肌のケアすることを意識しました。

 

洗顔後や、お風呂を出た後は、すぐにスキンケアをします。

 

スキンケアとしては、化粧水と乳液を必ずつけています。

 

パックやクリームなど、特別なことはしていません。

 

特にこだわりのメイク用品ではなく、ドラッグストア等で手軽に購入できる、プチプラな化粧水や乳液です。

 

高いものでなくでも、毎日きちんと化粧水と乳液で、スキンケアすることによって、肌にしっかりと潤いを与えられると思います。

 

毎日、洗顔後やお風呂を出た後に、必ず、継続してすることが大切なことです。

 

化粧水で水分を与え、乳液で化粧水の水分がとばないようにフタをする感じです。

 

きちんと毎日、潤いを与えることで、肌に変化があらわれてきます。

スキンケアを継続すること

洗顔後や、お風呂を出た後に、化粧水と乳液をつけて、きちんとスキンケアを続けました。

 

化粧水で水分を与え、乳液で化粧水の水分がとばないようにフタをする、これを意識しました。

 

肌は、目に見えるほどすぐに変化はあらわれません。

 

ゆっくりゆっくり時間をかけて、変化がしていきます。

 

毎日スキンケアを継続していくと、少しずつ変化があらわれてきました。

 

まず、乾燥によるテカリがなくなってきました。

 

次に、カサカサと乾燥が気になっていたところも、乾燥が気にならなくなってきました。

 

スキンケアを怠らず、そのまま続けていくと、すっかり乾燥が気にならなくなりました。

 

乾燥しなくなると、カサカサしないので、ファンデーションや下地クリーム、コンシーラーなどが、しっかり肌にキレイにのってくれるようになりました。

 

テカリもないので、化粧崩れもなくなりました。