40代頃からつっぱる肌

40代になってからというもの、年齢とともにどんどん肌がガサガサとすることが目立つようになって乾燥してきているのを感じています。

 

やはり明らかに乾燥肌だなと感じるようになったのは、洗顔後すぐに化粧水をつけないと肌がつっぱってくるなと気づいたことです。

 

若い頃は皮脂の分泌がさかんだったので、逆にちょっとべたついたりしていたのですが・・・。

 

若い頃はあぶらとり紙を一日に数回は使っていた(しかも、使うたびにべっとりとあぶらが取れました)のに、いつの間にか必要なくなっていたことにも気づいたのもきっかけのひとつです。

 

あとは、化粧水の量がだいぶ増えたこと。

 

以前はもっと少量で潤っていたのですが、化粧水をかなりたっぷりつけないと潤った状態にならないようになりました。

やっと出会えた私に合ったスキンケア

乾燥肌だけでなく敏感肌でもあるので、化粧水はここ10年くらい敏感肌でも問題なく使えるオラクル愛用しています。

 

化粧水はずっとさっぱりタイプを使っていたのですが、それだと潤いが足りないので最近はしっとりタイプにかえました。

 

ネット等でとにかく保湿が重要だと読んだので、洗顔後はひたすら化粧水をたっぷり!これでもかというくらい使っています。

 

これ以上浸透しない(首にたれてくる)というところですぐに乳液で蓋をします。

 

とにかく化粧水の量をかなり増やしました。

 

あと、以前は乳液はそれほど重要視していなかったのですが、乳液で蓋をしないと乾燥してしまうと本で読んだので最近は必ず乳液も忘れずつけています。

 

特別な対策ではないですが、とにかくたっぷり保湿してあげることは水分を失った私のお肌に絶対いいはずだと思いました。

もったいないという気持ちに負けない

とにかくたっぷり保湿を心がけるようになってからは、かなりお肌がもっちり・しっとりしてきたと思います。

 

以前は口元がよくカサついたり粉をふいたりしていたのですが、そういうこともほとんどなくなりました。

 

やはり保湿は何より重要だなと思います。

 

また、お値段の高い化粧水を選ぶと、惜しみなくたっぷり使うのはもったいない気もしますが、それを削るなら他の無駄遣いを削った方がいいと思います。

 

最近は、数年前だったら3ヶ月くらいもっていた化粧水を1ヶ月で使い切るくらいのいきおいで使っていますが、お手ごろなコスメなので全然惜しくはありません。

 

これからもこのたっぷり保湿でしっかりとしっとり肌をキープしていきたいと思っています。

 

ほんの1000円程度を節約して、毎日肌のツッパリや化粧の乗らない肌に悩んで憂鬱に過ごすのはもうやめようと思います。